法人関係はプロに丸投げOK!【清算問題は税理士にどうぞ】

3人の男性

合格する必要がある

スーツ

弁護士人口の増加について

弁護士となるためには、難関の国家試験である司法試験に合格したうえで、司法修習を経る必要があります。司法試験はかつては最難関の国家試験とも言われ、複数回受験してようやく合格することが一般的でした。しかし、司法制度改革によって法曹人員を増やす試みが行われるようになり、新司法試験では原則として法科大学院を経たうえで受験するようになり、合格率も以前よりは上昇しました。その結果、弁護士の数も近年では大幅に上昇しています。以前は弁護士への法律相談というと敷居が高いものと考えられていました。しかし、最近では、弁護士事務所側も相談件数を増やして受任件数の増加につなげるため、法律相談の相談料を値下げしする傾向も見受けられます。

法律相談の活用について

こうした弁護士数の増加は、相談する側にとっては相談窓口も増加し、気軽に相談できるというメリットがあります。これまで弁護士過疎地といわれ、一人も弁護士がいなかったような地区でも弁護士事務所が開設されるといった事例も全国的に広がっています。また、弁護士への法律相談の利用にあたっては、個別の弁護士事務所に出向かずとも、自治体などが実施する無料の法律相談を利用するといった手段もあります。金銭トラブルや離婚、相続問題など、法律問題は自分ひとりで悩んでいても解決することが難しいのが実情といえます。こうした法律上の問題について悩んでいる場合は、積極的に弁護士への法律相談を活用すれば、問題が早期に解決できる可能性があります。